読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

north-memo

数学できない方の数学科のブログ、一応デザイナー…なのか…?

ADHDについて少し書く.

www.nicovideo.jp

僕とADHD

教員免許を取る過程で(結局取ってないんだけど)ADHDについていろいろ見たり調べたりしたんだけども,
自分は医師の診断は無いものの,どう考えてもADHDであることがわかった.今は重度ではないけど.
しかし,子供の頃は深刻だったなぁと思う.

  • 小学校の通知表には週5で忘れ物する
  • 名札は50回以上買い直した
  • 片付けは当然出来ず,
  • それが原因で物をなくす経験(書類から,ノートから教科書,鍵盤ハーモニカのホースなどなど…)も多々

非常にやばい生徒児童でした.
学校以外でも,

  • ゲーセンに行けば財布を置いたままにして忘れる
  • やって置かなければならないことが出来ないことも何回も何回もあった.

今も随分マシにはなったけど,
片付けは出来ないし,忘れ物もするし,やって置かなければならないことも忘れることが少しある.バイトだって課題だって忘れたことある.だから,軽度にはなったけど,今もADHDだと思う.iPhoneを何度かトイレや外に置きっぱなしにした.(後から場所を思い出して取りに行けるだけマシでしたが….)
ですから,社員証とか,なくしたら怒られるものを常に身につけておくという行動がすごく怖い.身につけているものは大抵どこかに置いてしまうから.自分の体はそういう風にできてるというのは,もう経験上分かってしまってるので,すごく怖いのです.
ADHDの気持ちは痛いほどわかるし,この動画をみて普通に涙してしまった.

個人的にわかってほしいこと

コメントで批判も,甘えだろ,というコメントもたくさんあった.
ADHDの辛いところは,ADHDの人はADHDじゃない人の気持も分かるということ.
だから.僕もこの動画を見て「甘えだろ」と思ったし,逆に確かにそれは分かってるのに出来ないんだよなぁと思った.

言いたいのは,まず,悪いことに対しては,ADHDの人を怒ってもいいと思います.自分も怒ってしまうと思います.
それは常識で,それが甘えに見えるという感覚は身につけたほうがいいと思います.
一方で,それで悩んでることも,全部じゃなくていいので.理解して欲しいのです.本当にほんの少しでもいいのです.
それで,次に,ADHDの人にはそれぞれ対処法(治療法というものを指しているわけではないです)がある,ということ,
対処法,というより「理解の仕方」があるという方が正しいかな.
例えば,「片付ける」と言う時に,その理由として
「必要なものに迷うこと無くアクセスできる(物を無くさない)ように」
というものがあるが,逆に考えると, 「必要なものに迷うこと無くアクセスできる(物を無くさない)ように」するための解決策として,
必ずしも「片付ける」というものが常に正しいとは限らない(結局は片付けるというところにも戻ってくるんだけども)という思考をしていることがある.
つまり「片付けなくてもいい部分もあるだろう」ということ.ある程度のものにアクセスできるようにすれば,それ以外は片付けなくていい. それでは美的感覚がという人もいるが,そもそも美的感覚は人それぞれで,それが多少落ちているのはADHDだろうとそうでなかろうと関係ないと思います.まぁ落ち過ぎな場合は注意すべきですが.
そして,それほど重度のADHDでなければ,片付ける意味について自分なりに理解した時は,片付け,本人にとっては「物を無くさないコツ」を実行できます. だから,叱る一方で,その理解の手助けをして,解決策を先に頭ごなしに言うのではなく,「理解の仕方」や,その人なりの解決策が出るまで,一旦自由にさせてあげて欲しいのです.
「〜〜だから片付ける」という話ではなく,「〜〜を無くさないためにはどうするのが『コツ』か?」と言ってみて欲しいです.
そうすれば,迷惑をかけていること自体は分かっている分,大人になるうちにノウハウを積み重ねて,ADHDであることを理解したとき,どうすれば人に迷惑をかけないかをちゃんと考えることが出来るはずだと思っています.
ただ,副作用として少し消極的になってしまうこともあるかと思います.それについては簡単で,人より優れている能力を認めて・褒めてあげるといいです.

最後に

家族をはじめ,周りの人には本当に感謝しかありません.ありがとうございます.
これからもご迷惑をかけないよう,自分は忘れてしまう,集中力の持たない人間だと言うことを踏まえ,対策をしていきますが,
ご迷惑をお掛けしてしまった場合は,本当に申し訳なく思います.