読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

north-memo

数学できない方の数学科のブログ、一応デザイナー…なのか…?

デザイナーとアーティスト

最近、デザインとアートを混同する人が僕の周りに多くて、うんざりというか、残念な気持ちになることがよくあります。

 

デザインっていうのは、次の項目を満たすべきです。

  • 何かを伝えるために、適切な手段を用いること
  • それゆえ、ある一定の枠が存在すること
  • 何らかの要求があること
  • 客観的な美であること

また、アートというのは、次の項目を満たすべきです。

  • 自分の表現したいものを表現できていること
  • 伝えることは主体ではなく副産物の可能性がある
  • 主観的な美であること

この違いは、クリエイティブに関わる人全てが知っておくべき事項だと思います。

ところで、僕は綺麗なコンテンツが人々に好まれるのではなく、適切なデザインされたコンテンツが人々に好まれるべきという根本の考えがあります。ですから、優秀なデザイナーと言うのは基本的に要求に対して適切な装飾効果だったり、ざっくばらんに言えば手段を用いることが出来る人のことを指していると考えています。
そういえば、僕が今使っている「はてな」は随分フラットデザインを踏襲したものになりましたが、フラットデザインでは情報量を余り詰め込めないので、情報量が売りのはてなにおいては適切ではないのではないか…と思っています。

 

そのうえで、僕の周り、特に学生団体の人たちは「デザイナー募集」に「自分の好きなようにTシャツをデザインして…」とか、「自分の好きなように1枚絵を描いて…」を募集要項にしてたりして、デザイナーを思いっきり履き違えてたりします。確かに、デザイナーも各人で個性があって「出来る領域」と「出来ない領域」があります。ですが、その意図があったとしても、まるまる「自分の好きなように…」という言葉でまとめてしまうのはあまりに無理があるのではないかと思うのです。

特に一番気になるのは「イラストレーター」との混同です。絵描きがデザイナーと呼ばれるのは、デザイナーもイラストレーターもアイデンティティを正確に理解してもらえなく、不愉快に感じます。例えば、「絵がかけるからポスター作って!」というのは、本当はとても勘違いな頼みです。

 

ちょっと愚痴めいたものになってしまいましたが、どうしても書きたかったので…。