読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

north-memo

数学できない方の数学科のブログ、一応デザイナー…なのか…?

ニコナレのブログ貼り付けテスト

ニコナレで興味深いご指摘があったので,さしあたりお礼と返事をば・・・.

当然ですが,この記事は非公式で個人の見解と妄想です!!何とぞご了承を!! niconare.nicovideo.jp

このニコナレを興味深く拝見させていただきました.まず,本筋の話に対してお褒め頂いたりして非常に嬉しく思います.ありがとうございます!
ご指摘であれど,興味を持って頂けてここまで反応してくださるのは本当に嬉しいことです.
コメントでも一応言及しましたが,コメントだけでは言及しきれないと感じましたので,一応ブログで書くことにしました.

さて,ご指摘の件ですが,結論としては「僕にはまだ分からない」というところに行き着きました.その話を今からしたいと思います.

また、最初に書いた、明朝体を使う際になんとなくリュウミンを使うといった現象があります。これは、リュウミン自体の一文字一文字が正方形に収まるようにできており(金属活字がルーツであるからだと思います)、さらに「筆の運び」で分類すると、真ん中より少し右側ぐらいの位置になるため、印象としてもバランスよく広い範囲をカバーするためだと考えられます。

まず,このニコナレで予想されていましたとおり,僕の「リュウミンが正方形」という話は,主に仮想ボディの話でした.もう少し突っ込んでおくとリュウミンは正方形で組んでも「違和感がない」という感じです(僕の記事内では確かに全く読み取れません…すいません…だいたい根が深い問題をさらっと書こうとしてしまったことに原因が有ります).
補足として,字面の話で言いますと,基本的にはオールドフェイスの書体よりもモダンフェイスの方が字面が正方形に近いです.ですから,比較的オールドなリュウミンより,比較的モダンな平成明朝や,例えば小塚明朝なども正方形に近いものになるはずです.

話は戻りますが,

リュウミン自体の一文字一文字が正方形に収まるようにできており(金属活字がルーツであるからだと思います)

というところで「正方形だからよく使われるわけではないだろう」というご指摘(だと読み取りました.読み違えたらすいません)ですが,「正方形におさまる」 というのは,リュウミンが万能だと考えられる必要条件に過ぎない(つまり.仮想ボディにしろ,字面にしろ正方形であることは,あくまで万能になる「一因」であり,正方形の書体であれば万能である訳ではない)ということです.その意図だけは伝えられればと思います.

僕の書き方が悪く,うまく汲み取られていなかったようで,これからもっと伝わるように書けるよう精進します!!

さて,次にリュウミンがどうしてよく使われるか,ですが,このプレゼンでは「歴史的な背景」,歴史というのはデジタルフォントが導入し始めた頃に,中ゴとリュウミンが導入された,そのため慣習的に使われたことが原因である,ということですが,これはもしかしたら正しいかも知れませんが,僕にはまだ良くわかりません.
と,言いますのも,理由は三つほどありまして

  • ということは,現在中ゴもよく使われているはずであるが,リュウミンほど使われてはいない(これは,中ゴのデザイン上の問題も絡んでいるのかも)
  • 僕のデザインの経験上,リュウミンは,確かに他の明朝体より何故か「きっちりハマってくれる」ように感じる.
    • 多くのデザイナーでそうかは分からない.
  • 歴史的な背景が絡んでいるのかはデザイナー歴が短いので僕個人にはうまく入ってこない

ですから,もしかしたら正しいかも知れないが,僕にはわからない,という結論に至りました.

よって,これから検証するとすれば

  • 歴史的な背景だとすれば,これから「デザイナー歴を積めば,」何かしらの理由が分かるのではないか
  • 歴史的な背景だとすれば,「これからの」書体の流行の変遷で,何かしらの理由が分かるのではないか
  • 文字の形状由来の問題だとすれば,「もう少し多くの事例を集めて見て」「リュウミンを使うのとそうでないものについての理由を探り」説明できれば良いのではないか
  • 文字の形状由来の問題だとすれば,リュウミンとそれ以外の明朝体についてもう少し定点観測する必要があるかも??

といった検証手段が考えられます.

しかし,どれも「時間がかかる」ものですので,この議題は一旦頭のスミに置いておきまして,これからのデザイナーとしての人生の中で発見していければと思います.すみませんが,そんなところで,一旦お許しください!!

22歳になった.今年の総括と来年の予定と

22歳になった

1年前の今

ln-north.hateblo.jp
大変だったようです.

ありがたいことに,今年も無事に誕生日を迎えることが出来ました.
いつもお世話になっている皆様のおかげです.ありがとうございます.
桃鉄の「決算」のごとく,僕の21際も決算したいと思います.

21歳でやったこと

イベント

技術系のこと

かじっただけのモノも多いので,少しずつ出来るようになっていきたいです.

デザイン

  • インターン
  • 趣味で色々作った
    • SuperPuzzleMaker
    • 教育実習
    • 書体(10文字しかできてない)
    • 説明用画像各種用
    • 今書いてる奴(そのうち公開)
    • 多分もっとあるが覚えていないのでこのぐらいで

その他

  • 研修や講習などの教育について考えている

1年後の自分

  • 引っ越し
    • 初一人暮らし
    • 精一杯やって自分の城をつくるぞ!!
    • 料理もしなきゃ
    • 家電はすべてガジェットにするぐらいの気概を持っておきたい
    • 机と棚は自作
    • 床は畳にする
    • WiiU, PS3(持ってる), GC(持ってる)やる
  • 入社
    • JavaScriptを極めたい
    • サーバーサイド言語ももう少し流暢に書けるように/分かるようになりたい
    • フォントをつくる,フォントの新しい方向性を探る
    • デザイナーとして新しい方向性を見つける(Webだけじゃなくてインタラクション,双方向性,もう少し新しいユーザー体験を新しめの技術で実現できないか,ネットとリアルの境界をもっとわからなく出来ないか)
    • ↑むしろこれだけを追いかけて行きたい
    • そのための数学や物理も学んでおきたい
  • 友達
    • 頻繁に熊本に帰って友達と飲みたい
    • 東京でも友達を作らなきゃ.
  • 数学
    • 続けたい
    • 暗号理論&トポロジー&解析幾何の勉強をしたい

例のあれ(ウィッシュリスト

来ないとは思いますが,一応今年も貼っておきます.もし来たらレビュー記事を書きます. www.amazon.co.jp

ADHDについて少し書く.

www.nicovideo.jp

僕とADHD

教員免許を取る過程で(結局取ってないんだけど)ADHDについていろいろ見たり調べたりしたんだけども,
自分は医師の診断は無いものの,どう考えてもADHDであることがわかった.今は重度ではないけど.
しかし,子供の頃は深刻だったなぁと思う.

  • 小学校の通知表には週5で忘れ物する
  • 名札は50回以上買い直した
  • 片付けは当然出来ず,
  • それが原因で物をなくす経験(書類から,ノートから教科書,鍵盤ハーモニカのホースなどなど…)も多々

非常にやばい生徒児童でした.
学校以外でも,

  • ゲーセンに行けば財布を置いたままにして忘れる
  • やって置かなければならないことが出来ないことも何回も何回もあった.

今も随分マシにはなったけど,
片付けは出来ないし,忘れ物もするし,やって置かなければならないことも忘れることが少しある.バイトだって課題だって忘れたことある.だから,軽度にはなったけど,今もADHDだと思う.iPhoneを何度かトイレや外に置きっぱなしにした.(後から場所を思い出して取りに行けるだけマシでしたが….)
ですから,社員証とか,なくしたら怒られるものを常に身につけておくという行動がすごく怖い.身につけているものは大抵どこかに置いてしまうから.自分の体はそういう風にできてるというのは,もう経験上分かってしまってるので,すごく怖いのです.
ADHDの気持ちは痛いほどわかるし,この動画をみて普通に涙してしまった.

個人的にわかってほしいこと

コメントで批判も,甘えだろ,というコメントもたくさんあった.
ADHDの辛いところは,ADHDの人はADHDじゃない人の気持も分かるということ.
だから.僕もこの動画を見て「甘えだろ」と思ったし,逆に確かにそれは分かってるのに出来ないんだよなぁと思った.

言いたいのは,まず,悪いことに対しては,ADHDの人を怒ってもいいと思います.自分も怒ってしまうと思います.
それは常識で,それが甘えに見えるという感覚は身につけたほうがいいと思います.
一方で,それで悩んでることも,全部じゃなくていいので.理解して欲しいのです.本当にほんの少しでもいいのです.
それで,次に,ADHDの人にはそれぞれ対処法(治療法というものを指しているわけではないです)がある,ということ,
対処法,というより「理解の仕方」があるという方が正しいかな.
例えば,「片付ける」と言う時に,その理由として
「必要なものに迷うこと無くアクセスできる(物を無くさない)ように」
というものがあるが,逆に考えると, 「必要なものに迷うこと無くアクセスできる(物を無くさない)ように」するための解決策として,
必ずしも「片付ける」というものが常に正しいとは限らない(結局は片付けるというところにも戻ってくるんだけども)という思考をしていることがある.
つまり「片付けなくてもいい部分もあるだろう」ということ.ある程度のものにアクセスできるようにすれば,それ以外は片付けなくていい. それでは美的感覚がという人もいるが,そもそも美的感覚は人それぞれで,それが多少落ちているのはADHDだろうとそうでなかろうと関係ないと思います.まぁ落ち過ぎな場合は注意すべきですが.
そして,それほど重度のADHDでなければ,片付ける意味について自分なりに理解した時は,片付け,本人にとっては「物を無くさないコツ」を実行できます. だから,叱る一方で,その理解の手助けをして,解決策を先に頭ごなしに言うのではなく,「理解の仕方」や,その人なりの解決策が出るまで,一旦自由にさせてあげて欲しいのです.
「〜〜だから片付ける」という話ではなく,「〜〜を無くさないためにはどうするのが『コツ』か?」と言ってみて欲しいです.
そうすれば,迷惑をかけていること自体は分かっている分,大人になるうちにノウハウを積み重ねて,ADHDであることを理解したとき,どうすれば人に迷惑をかけないかをちゃんと考えることが出来るはずだと思っています.
ただ,副作用として少し消極的になってしまうこともあるかと思います.それについては簡単で,人より優れている能力を認めて・褒めてあげるといいです.

最後に

家族をはじめ,周りの人には本当に感謝しかありません.ありがとうございます.
これからもご迷惑をかけないよう,自分は忘れてしまう,集中力の持たない人間だと言うことを踏まえ,対策をしていきますが,
ご迷惑をお掛けしてしまった場合は,本当に申し訳なく思います.

【メモ】vagrant upが失敗したら

これはただの個人的メモです。原因追求を一切していません。

吐くエラー

The provider 'virtualbox' that was requested to back the machine 'default' is reporting that it isn't usable on this system. The reason is shown below:

VirtualBox is complaining that the kernel module is not loaded. Please run VBoxManage --version or open the VirtualBox GUI to see the error message which should contain instructions on how to fix this error.

解決策

sudo /etc/init.d/vboxdrv setup

状況

vagrant起動中に不意に電源が切れ、再起動した時に起こる。

予想

どうもvirtual boxのkernelをrecompilingしている様子。

参考

d.hatena.ne.jp

10年間関わってきた「三つの木」というボランティアを卒業した。

三つの木を卒業しました。卒業にあたり、振り返ってみます。

三つの木というのは、正式には合志市が主催している「三つの木の家宿泊自然体験研修」というもので、年に3-4回開催され、小学生4-6年生が4日〜1週間ほど「三つの木の家」通称みつのきとよばれる合志市のログハウス型宿泊研修施設に通いながら集団生活をする、というものです。今回は50回目でした。

この事業は僕が小学生の頃にはすでに13回めを迎えており、人気の事業のため、毎回抽選となっており、僕はこの活動が(何故か)大好きで、毎回応募し、抽選から外れた時も毎回キャンセルを直前まで待っていました。土器を作ったり、火起こししたり、座布団を投げたり、サッカーしたり、留学生と喋ったり、ビデオカメラに夢中になったり…様々な活動をしていました。参加しすぎて指導員さんが言う教訓を一字一句完璧に覚えたり、ウォークラリーのクイズを覚えてしまい、差し替えさせてしまうほどでした。何がそうさせたのかはあんまり覚えていませんが、本当に好きな活動であったことは確かでした。

このような研修の多くでは、施設の先生方が指導をされることが多いのですが、みつの木では「青少年リーダー」と呼ばれる高校生・大学生を中心としたボランティアで研修中の子どもたちの指導にあたります。三つの木の大きな特徴の一つです。調理や行事の内容などまでも、地域のボランティアのサポートのもと行われています。

僕が小学生の時に参加していた時も、この「青少年リーダー」という存在は兄貴・姉貴分のような特別な存在で、年の近い青少年リーダーだからこそ言うことを聞けた部分もあるし、青少年リーダーがいたからこそ楽しいと思うことが非常に多かったです。青少年リーダーと共に羽目を外しすぎて怒られたりしたこともそれはそれで楽しく、いい経験でした。

高校2年生の時に、母がこの「青少年リーダー」の応募を市の広報誌から見つけてくれ、「青少年リーダー」として参加をしました。最初は僕が小学生の頃に青少年リーダーだった人たちが、青少年リーダーを続けており、非常に感動というか、兄貴分だった人たちと同じ役割になる、という不思議な感情になったのをよく覚えています。

それからというもの、今日まで青少年リーダーとして三つの木に行き、子どもたちと遊び、遊ばれ、僕が小学生だった時は、こんなにも迷惑をかけていたのかと猛省しながら、体の限界まで小学生と接していました。今でこそ3泊4日ですが、僕が小学生の時は1週間ですので、非常に大変だったんだろうなぁと思います。

僕は大人っぽい(=老けてる)と言われることが多いですが、根は非常に子供っぽい性格で、子どもに勝負を持ちかけられると、大人げなく本気で挑んで泣かせてしまったり、子どもに言い返されると本気で言い返してしまい、本気で子どもを嫌いになることもあり、学校の先生のように面倒見は良くなく、子どもはあまり得意ではないようでした。

それでも、子どもが全く見ず知らずの人と友達になっていく、もしくはなっていこうとしていく様子を見て、子ども、と思うことをやめ(同時に、自分が大人と思うこともやめ)、友達と思うことにし、毎回たくさんの参加した小学生と友達になっていきました。これは、ある程度年の近い「青少年リーダー」でないとできない芸当であり、他の活動とは違う「青少年リーダー」の意義のように感じています。

僕が小学生だったころの青少年リーダーは、もう先に卒業されましたが、本当に子どもと接するのが上手というか、友達になるのが本当に上手で、どう真似しよう、越えようと思っても結局今回僕が卒業するまでそれは達成できませんでした。今でも家族以上に兄貴・姉貴のような存在であり僕の中でのレジェンドです。

参加側としては、小学3〜6年生(当時小学3年生は日帰りで参加できた)、青少年リーダーとしては高校2,3年生、大学1〜4年生の今日まで、計10年間、つまり人生の約半分は三つの木にお世話になったことになります。月並みな感想ですが、長いようで非常に短く感じる時間でした。これからは東京に出ることになりますが、参加側としても、リーダーとしても心から誇りに思える活動であり、みつの木はこれからも僕の帰ることのできるもうひとつの家であります。

SuperPuzzleMakerというサイト&システムを作りました。

2015/11/1に、うちの大学では「夢科学探検」という、主に小学生向けの催し物がありました。僕も子供の頃行ってたんですが、参加する側から開催する側になったのかと思うと、年をとったなと思う次第です。

僕ら数学科も出展をすることになりまして、企画を考えた結果、パズルがいいんじゃないか、ということになりました。

ただ、パズルを遊ばせるだけでは面白くないので、僕なりにできそうなことを考えた結果、 パズルを「あそぶ」コーナーと、パズルを「つくる」コーナーを作り、「つくった」パズルは「あそぶ」で遊んでもらい、「あそんだ」結果を「つくる」側にフィードバックすると、遊ぶ側も、同年代がつくるパズルを楽しめるし、つくる側も反応が見れて面白いエコシステムになるのではないか、と考えました。 しかし、つくっても即座に「あそぶ」からフィードバックを返すことは難しいので、インターネットで公開し、あとから見れるようにすれば、返せるのではないか→そういうアプリを作ればいいかも、という考えに至りました。

というわけで、今回SuperPuzzleMakerとして、初PHP+MySQLによるアプリケーションを作成しました。製作期間は1週間弱ぐらいでした。 拙いコードで非常にお恥ずかしいですが、GitHubに公開しました。

github.com

PHPMySQLは勉強したものの、それで何かをつくるということがなかったので、結構苦戦しましたが、なんとか完成まで持って行くことが出来ました。反省点は多くありますが、またアプリケーションをつくるときに反映できたらと思います。

SuperPuzzleMakerというタイトル、モチーフもろもろパクっていて、デザイナーとしてこれでいいのか感は作りながらかなり感じていましたが、非営利で教育機関がやる文化祭の時に学生のよくある「パロディ」として、どうかお許しください…。

ちなみに、11/1-11/3まで公開しましたが、合計で8000アクセスも利用してもらえました。これについて色々質問してくださった親御さんもいらっしゃって、満足な結果を得られました。イベント開催期間は5時間でしたが「つくる」で作ってもらった作品数は、全部で105作品、「あそぶ」で問題を解いてもらった回数は380回でした。当日のスタッフの皆さんは本当にお疲れ様でした…。かなりのクエリを処理したサーバーもご苦労様でした。かなり使われていたようで、大変嬉しかったです。

卒論やゼミなどがあり、作れる時間がだんだんと減っていきますが、つくるのはとても楽しいので、時間があればどんどん作っていければと思います。 今はロボコン部内でMarkdownテキスト生成アプリケーションを作っています。またできたら公開しますね。

ではでは。